15_pet-sousiki

そういえば、あみちゃんのわんちゃん亡くなっちゃったんだって。

ペットの寿命は人間より短いっていうのはわかっててもやっぱつらいよね。

最近は昔より、ペットをほんとの家族のように思う人が増えたから
お葬式がどんどん本格的になってるって聞いたことがあるよ。

僕もそれ聞いたことある!
実際どんな感じでお葬式をするのか気になるな

そうだね。
悲しいけど絶対にいつかは私たちにも訪れることだもんね…
スポンサーリンク

最愛のペットとのお別れ

あなたは、ペットとのお別れについて考えたことはありますか?

基本的にペットは私たちより寿命が短いですよね。

考えたくないことではありますが、大好きなパートナーとのお別れについて考えておかないと、いざその場面に直面したとき現実を受け止めることができなくなってしまいます

お別れがきちんと出来ないとずっと引きずることになってしまいます。

素敵なお別れが出来るように、ペット葬儀とはどのようなものなのか、説明していきます。

ペット葬儀の種類

飼い主と天国に行ったわんちゃん

小型のペットや、お魚など、ペットの種類によっては自分で土に埋めてあげてお別れすることも多いかと思います。

しかし、犬や猫などサイズが大きくなってくるとそのまま土に埋めることはできないですよね。

ペットの葬儀にはいくつかの方法があります。

  • 合同火葬
  • 個別火葬
  • 移動車出張火葬

今回は上のような火葬方法を紹介します。

合同火葬

合同火葬とは、他のおうちのペットたちと合同で火葬される方法です。

自治体によって行われる場合と、寺や民間企業によって行われる場合があります。

返骨されることはなく、自然に散骨されます。

自治体に依頼する場合は、少々残酷に感じるかもしれませんが法的には一般廃棄物として扱われます。

自治体によっては動物火葬用焼却炉を設けているところもありますが、通常の焼却炉で焼かれることが一般的です。

メリットとしてはかなり安価で行えるということです。

ただ、お別れしたことを実感しにくい方法かもしれません。

寺や民間企業で行われる場合も、返骨はなく、散骨または寺へ納骨されます。

ただ、オプションでお骨上げや読経を行ってくれるところもあります。

合同のため、他の火葬方法よりは安価で行えますし、自治体に頼むよりお葬式をしたと感じられるので、区切りをつけやすいと思います。

個別火葬

個別火葬といっても、一任個別火葬個別立ち合い火葬という二種類に分けることができます。

一任個別火葬は、ペットを渡した後はすべて業者にお任せするという方法で返骨はされない場合が多いです。

業者が家までご遺体を預かりに来てくれる場合が多く、引取り後は関与することができないのでおうちで思い出を振り返るなど、最期の時をすごすと良いと思います。

なるべく葬儀をちゃんとしてあげたいけど忙しいという方にオススメです。

一方で個別立ち合い火葬はペットと共に火葬場へ行き、家族立ち合いのもとで火葬を行うという方法です。

火葬後は、家族がお骨上げをし、骨壺へ入れて返骨されることが多いです。

人間の火葬に最も近い方法だと思います。

移動車出張火葬

この火葬方法は、聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。

移動車出張火葬とは火葬炉が設置されている車が家に来てくれて、庭など、自宅で火葬を行ってくれるサービスです。

火葬時間は犬のサイズによって異なってきますが1時間から2時間半程度かかります。

移動の必要がなく、個別で本格的な葬式、お別れができるなどの利点があります。

一方で、個人かつ家まで来てもらうためお金がかかります。また、マンションや住宅密集地など自宅近辺に十分なスペースがない場合、火葬はできません。

火葬後のお骨について

犬とお墓

火葬後のお骨は、法律的にも、宗教的にも特に決まりはなく、好きなようにしてよいです。

人間の遺骨は「墓埋法」があり、必ず埋葬しなくてはいけませんが、ペットの遺骨は「モノ」として扱われるため、そのまま自宅に保管していても問題ありません。

実際、飼い主さんはどのようにするかというと、自宅保管埋葬するという二種類の方法が多いです。

自宅保管(手元供養)で気を付けたいことはカビの発生です。

そこで、シリカゲルを入れておくことを推奨します。

シリカゲルはよく、食べ物の袋に同封されている除湿剤のことで、100菌などでも買うことが出来ます。

そして、もう一つのメジャーな方法である埋葬法についてですが、埋葬場所は合祀墓個人の保有地の二種類があります。

合祀墓への埋葬は火葬料金とセットになっている場合が多いそうです。

一方で個人保有地は墓地の区画の永代使用料と墓石を合わせて20万円程度かかるといわれています。

お金をかけたほうがいいなんてことはありません。

先ほども書いたようにペットの遺骨に関する法などは特にないのでおうちの庭に埋めても良いのです。

お庭の、わんちゃんが好きだった場所に埋めてあげるとわんちゃんもきっと嬉しいでしょう。

こちらは、仏壇などの通販を行っている「ふたきや」です。

4000点以上の豊富な品揃えで、ペットの葬儀用品もたくさんあります。
仏壇や墓石だけでなく骨壺や位牌、仏具などもあるので、お葬式で必要になるものは全てこのサイト一つで揃えられます♪
また、こちらはペット葬儀のサービスを行っている会社です。
一任葬儀や、個別火葬、個別火葬(お骨上げ付き)など複数のプランが用意されていて、予算や希望条件を踏まえて選択することが出来ます。
24時間365日受付対応しています。
また、日本全国に加盟店を整えているので、地域によってはペット対応の葬儀屋が少なく、自分で見つけるのが大変かもしれませんが、ここなら電話すれば用意してくれるのでとても便利です。

まとめ

家族の絆

ペットの葬儀って経験ないからよく知らなかったけどいろんな種類があるのね…!
庭にうめたり遺骨は自宅保管してよかったり驚きポイントが結構あったなぁ!

チョコが死んじゃうこととか今は考えたくないけど、ペットの葬儀については知識をつけておいた方がよさそうだね!

ペットが心残りなく天国に旅立てるようにするためにも知っておくことは大切じゃのぅ!
スポンサーリンク
おすすめの記事