車酔いの犬

チョコが、車酔いがひどいんだよね~。
旅行に行ったり、買い物に車で行ったりしたいけど、どうしても辛そうだからいつも断念するんだ。

人間が酔い易い人と酔わない人がいるようにペットにも車が強い子と弱い子がいるのね!
うちのねこたまは車大好きだもん。

うらやましいな~。
僕もチョコを連れて遠出とかしたいんだけどな。

ねこたまが車強いように、元から得意不得意はあるが、克服することもできるんじゃぞ。
ケントくん、あきらめないでくれ。
今日は車酔いする原因と対処法について説明していくぞ。
スポンサーリンク

車嫌いを克服しよう

車から顔を出すわんちゃん

「車に乗せようとすると暴れる」

「車酔いがひどくて、車に乗っていると吐いてしまう」

「普段は大人しいのに車に乗るとずっと吠えて落ち着かない」

車嫌いなわんちゃんに悩まされている飼い主さんはたくさんいると思います。

でもわんちゃんと旅行したい時など、どうしても車で移動しなきゃいけない時がありますよね。

車のどういうところが嫌なのか、どうして嫌なのか考えてわんちゃんに合った対策で車嫌いを克服させましょう♪

車に乗ると嫌な場所に連れていかれると思っている

初めて車で行った場所が動物病院だったなんてことはありませんか?

車嫌いの理由の一つとして、車そのものが嫌いなのではなく

車に乗ると嫌な場所に連れていかれる

と思っている可能性があります。

このタイプは割と克服しやすいです。

具体的には、何度か車でわんちゃんの好きな場所へ連れて行ってあげるということです。

お気に入りの公園などに車で連れて行ってあげると「車=嫌な思いをする」と思わなくなります。

車酔いがひどい

人間にも車酔いする人と全くしない人がいるように、わんちゃんにも車酔いする子はいます。

犬が車酔いしたときの症状
頻繁にあくびをする
よだれを垂らしたり、口から泡がでたりする
嘔吐、吐きだしする

よだれやあくびは酔ってるサインだと一見気づかないですよね。

小さいハウスに入れる

ゲージに入れられたシベリアンハスキー

車の揺れを防ぐ方法として、小さいハウスに入れるという方法があります。

一見、締め付けるようでかわいそうに思うかもしれませんが、実際は体のサイズと同じ大きさのハウスに入れることで身動きが取れず、揺れにくくなるので酔いづらくなります。

食事制限をする

人間が満腹時や超空腹時に車に乗ると酔いやすいように犬もおなかの調子が酔いやすさに影響します。

車に乗せる三時間前には食事を済ませ、一時間半前には水も飲ませないようにしましょう。

乗る前にトイレに行かせておくとさらに酔いづらくなると思います。

臭い対策をする

私自身、車のにおいが苦手で車酔いしやすいのですが、ガソリンのにおいや、喫煙者の車など、においがきついと酔いやすいです。

わんちゃんもにおいが苦手だという可能性があるので、消臭剤を使ってみるとすんなりと酔わなくなるかもしれません。

薬を飲む

上記の対策をしても酔ってしまう子はかなり酔いやすいタイプでしょう。

そんな子には犬用の酔い止めを飲むという最終手段があります。

医者による処方が必要という手間はありますが副作用が少なく、吐き気も消せるので症状が重い子にはお勧めです。

オススメの車内グッズ

こちらは取っ手がついているので持ち運びにも便利です。

別売りでショルダーベルトもあるので、電車などの公共機関を使うときにも利用できる優れものです。

また、側面は色付きなので視覚を遮ることもできます。

リッチェル キャンピングキャリーダブルドア Sサイズ 超小型犬・猫用 アイボリー

こちらは少しゆとりのあるタイプです。上が開いているので意味がないのでは?と心配されるかもしれませんが、中に短いリードがついているので狭い範囲の移動しかできません。座席のヘッドレストに紐をかけてしっかり固定することができます。

酔いが軽度で、興奮して飛び出しの危険などがあるわんちゃんにおススメのグッズです。

ドライブボックス 車 ペット用ドライブボックス 飛び出し防止 防水 通気 水洗いOK 車用ペットシート 助手席/後部座席に ペット用ドライブシート 小型犬 中型犬 猫用 車用 BOX ペットキャリー 折りたたみ式 コンパクト ペット用品 日本語取説 汚れ防止シート付き

こちらは大型犬を車に乗せるときのお役立ちグッズです。

大型犬の場合、トランクに載せる場合が多いですが、直に乗せるのではなくこのようなマットを設置すれば、車の汚れ防止にもなりますし、滑り止め加工がされているのでわんちゃんにとってもより過ごしやすい環境を作ることができます。素材にこだわっているので化学臭がせず、わんちゃんの負担になりません。

KYG ペット用ドライブシート 新型 トランクマット 多機能ノンスリップマット 犬 シートカバー ペットシート カー用品 車後部座席 車載カバー 防水シート ハンモックカバー 高品質 滑り止め 汚れに強い 水洗い可能 取り付け簡単 折り畳み式 大中小型車用 SUV用 全種犬用猫用 旅行 アウトドアレジャー

 

意外とわんちゃんの負担になってること

シートベルトわんちゃん

なかなか気づけないけれど、車に乗るときにわんちゃんにとって負担になっていることがあります。

最もわんちゃんにとって負担になっているのは揺れ・振動です。

わんちゃんは人間より平衡感覚が優れているので、体が安定しないと酔い易いです。

体のサイズにしっかりと合ったクレートを用意してあげることで酔う原因の大部分を解決してあげることができます。

また、犬は人間の何倍も鼻が良いですよね。

人間が酔うのを防ぐためにおいている芳香剤が犬にとっては酔う原因になっているかもしれません。

犬を乗せる車はなるべく無臭を保てるように無臭の消臭剤を置くようにしましょう。

わんちゃんにとって過ごしやすい車内を作ろう!

犬が酔ってしまう原因の一つとして「心理的ストレス」があります。

車=嫌いと思い込んでいるわんちゃんにとって車に乗っていること自体が大きなストレスとなっています。

ですので、ケージは後部座席において隣で飼い主さんなど、懐かれている人が優しく声をかけてあげることも効果があります。

また、犬は本来肉食動物なので目が前についています。

目が前についている視野の狭い動物にとって車から見える景色のような「流れるような景色」は慣れていません。

私たちがトリック絵で視覚的に酔うことがあるように、犬も視覚的に酔うこともあります。ですので、景色が見えないように視界を遮断してあげることも効果があります。

その他にも先ほども紹介した、車内をなるべく無臭に保つ・狭めのケージに入れるなどして体を固定するなどの対策をしてあげて、わんちゃんにとって車内をストレスフリーな環境にしてあげましょう!

まとめ

服用するには医者に処方してもらう必要があるから今回は詳しく紹介しなかったが、
実は犬用の酔い止めもあるんじゃ。
何をしても効かない場合は酔い止めを服用してもいいじゃろう。

酔ってるときにあくびやよだれが増えるのはすごい意外!!!
揺れが原因で酔うならリードやケージで固定してあげればだいぶ酔わなくなりそうだよね!

あとは、慣れも大切みたいだから近所のお買い物とかは車で行くようにして短い距離から始めたらいいかも!
早く克服させてあげてチョコも家族旅行に連れてってあげたいな~♪
スポンサーリンク
おすすめの記事